熊本整骨院・鍼灸院

のお客様の声

薬に頼らず不眠症などを改善に導いております

一見すると整骨とは無縁と思われる自律神経失調症や不眠症など、通常では心療内科や精神科にかかることで薬を処方してもらうような悩みについても、根本的な原因を探ることによって改善へと導いています。できる限り薬に頼ることのない改善を目指している方は、ぜひ一度ご相談ください。

また日常的に使用するため改善が難しいと言われる腱鞘炎についても、お客様の体のお悩み原因を見極めることによって、回復のための最適な提案を行っております。

施術の難しい腱鞘炎の根本的な解決方法を探ります

手にある「腱」と「腱鞘」と言われる部分を酷使することによって炎症が起こるのが腱鞘炎です。手に負担のかかる動きを繰り返していると炎症が直る前に再び炎症が起こり、慢性的な状態となって改善に導きづらい状態になってしまいます。腱鞘炎を緩和するためには安静にしていることが一番ではありますが、やはり手という場所は生活を行う上で必要不可欠であり、なかなか安静にするのが難しいのではないでしょうか。

病院や一般的な整体院では、手技や固定、薬やシップの処方といったことで解決を目指します。しかしこれでは固定を外した瞬間に再び手に負担がかかるだけでなく、一時的に痛みが取れてもまた再発してしまうことになります。根本的な原因は何なのかといったことをカウンセリングによって特定し、痛みに困らない生活の方法も含め根本からの解決のための答えをお客様と一緒に探し出しております。

自律神経失調症などの改善についてもサポートいたします

整骨と自律神経失調症と聞くとあまり関係がないように思われるかもしれません。しかし実は身体の異常にも大きく関係しており、骨のズレや筋肉の硬さによって血流が悪くなることにより、自律神経が正常に働かなくなって自律神経失調症が起こるケースも多くあるのです。一般的な病院を受診された場合、基本的には心療内科を紹介されその原因を「ストレス」と言われることかと思われます。

そして「心の病」として向精神薬を処方される場合がほとんどです。確かにストレスが原因で自律神経失調症となり、薬によって改善されることもございますが、逆に色々な薬を飲むことによりさらに悩みが悪化される方もおられるのも事実です。その場合は一度「ストレスによる心の病」という考えを変え、別の視点でアプローチしてみることをおすすめいたします。薬に頼ることのない改善を望まれる方からのご相談をお待ちしております。

薬に頼ることの無い不眠症の改善方法を探し出しています

心療内科や精神科といったところで薬の処方により解決をすることがほとんどである不眠症も、根本的な原因を探り最適な施術を行うことで、薬にたよることなく解決が図れるかもしれません。不眠症と一言で言いますが、細かく分けると寝付くことのできない「入眠障がい」、眠りについても何度も目が覚める「中途覚醒」、早く目覚めてしまいまだ寝たいのに寝られない「早朝覚醒」、睡眠時間のわりに眠った感じがしない「熟眠障がい」の4種類があり、一般的には眠剤の処方によって改善へと導きます。

しかし眠剤はそれなしでは眠れなくなるなどのリスクもあり、あまりおすすめできません。西洋医学的目線・東洋医学的目線など様々な角度から悩みをとらえ、本当の原因はなんなのかということをとことん突き止めた上で最適な提案をしております。精神的ストレスや自律神経の乱れからくる不眠症についてもできる限りのカウンセリングを行います。