脊柱管狭窄症について 熊本整骨院・鍼灸院

query_builder 2021/12/27
ブログ

みなさん、こんにちは😊



今回は『脊柱管狭窄症』についてです📝



脊柱管狭窄症の代表的な症状は、間欠性跛行です。間欠性跛行とは、歩いている最中や背中を反って作業をしていると脊柱管が圧迫されて、太ももからふくらはぎ・足の裏などに両側・片側だけに痛みやしびれ出る場合があります。その症状が出た場合は腰を丸めたり、休憩したりすると負担が減り、痛みが和らぎます。 腰部脊柱管狭窄症はどの神経が圧迫されるかで次の3つに分けられます。 1.神経根型 神経根が圧迫されるタイプです。多くは左右どちらかが圧迫され、片方の脚に痛みや痺れが出ますが、両側が圧迫されるケースもあります。 2.馬尾型 神経の束である馬尾が圧迫されるタイプです。多数の神経が影響を受けるので、神経根型よりも様々な症状が出やすく、出る範囲も広くなります。両側に症状が出て、痛みや痺れ以外に、脚の筋力低下や感覚の異常・膀胱や直腸への神経の障害が起こり、排尿や排便のコントロールがうまくできなくなる事があります。 3.混合型 神経根と馬尾の両方が圧迫されるタイプです。両方の症状が現れます。 当院が考える原因としては、 ・骨盤の歪みからくるインナーマッスルの低下による腰椎の反りが原因で起こる圧迫 ・体の左右のバランスが崩れから一方向への継続的な負担から圧迫を引き起こす ・繰り返し同じ作業や動作を繰り返したことによる腰椎部分への負担が神経を圧迫 の3つとなります。 そこで、当院では脊柱管狭窄症になった原因を突き止めます。その後、骨・筋肉・神経などのそれぞれの組織に対してどのような影響が起こり、どのような施術が必要かを見極め、それぞれの組織に同時にアプローチを行います。




まずは、お気軽に当院にご相談くださいませ✨



お問い合わせはこちらから

⇩ ⇩  ⇩  ⇩


NEW

  • 膝痛

    query_builder 2022/04/12
  • ふくらはぎストレッチ

    query_builder 2022/03/25
  • 耳鳴り

    query_builder 2022/03/18
  • テニス肘

    query_builder 2022/02/17
  • ギックリ腰

    query_builder 2022/02/05

CATEGORY

ARCHIVE